separater

川床道

川床道は、東伯方面旧山陰道赤碕宿からと、山陽方面からの旧作州街道関金宿からの道が川床で合流し、大山寺地区へと通ずる道です。

途中には大山参詣と牛馬市往来のための江戸時代に整備された石畳の道や木地師の集落跡なども残っています。

赤碕宿方面からは、一向平を経て、また関金宿方面からは、野田ヶ山からユートピアコース、矢筈ヶ山から船上山への基点となる大休峠、石畳道、岩伏別れを経て川床で合流し、大山の北側を通り大山寺地区に至ります。